教育実習研究(小) 佛教 A判定

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数121
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    A判定いただきました。参考にしていただけたらと思います。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教育実習をするにあたって留意すべきことを述べよ。
    1 児童観
     今どきの児童の印象を考えると、「我慢することが苦手」、「協調性に欠け集団行動が苦手」、「他者に対する自己表現力の欠如」、「自信がない」、「無気力」などが思い浮かぶ。これは、年代別における他者関係の構築がうまくいかないことなどが要因として考えられる。全ての児童がこのようなケースに当てはまるわけではないが、教育する立場として、一人ひとりの児童の状況を把握し、教壇に立つことが大切であると思う。
     また、教壇に立つものの児童観として、2点挙げる。1つ目は、児童一人ひとりに「可能性」と「良さ」を内に秘めているというということである。児童は失敗しながらも成長し、教師を超える存在になりうる者として捉えることが必要である。教師としてその可能性を引き出し、気付かせる努力が必要であるといえよう。2つ目は、どのような児童も内発的な学習意欲を持っているということである。人は生まれながらにして自己実現欲求を持つ者と捉えることができるが、児童もその例外ではない。その一見埋もれている意欲を引き出すことも大切である。
     以上のような観点のもと、実習生とい..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。