クモ膜下出血

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数530
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    社会高齢者障害血圧神経看護原因治療合併循環

    代表キーワード

    社会

    資料紹介

    ・クモ膜下出血の概要
    ・症状のメカニズム
    ・治療方法、使用する薬剤
    ・急性期の看護について

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    クモ膜下出血(subarachnoid hemorrhage:SAH)
    くも膜と軟膜の間のクモ膜下腔に発生した出血のこと。
    全脳卒中の8%を占め突然死の6.6%がこれに該当すると言われ、高齢者よりむしろ壮年期(男性:50代、女性:40代~70代)に多いとされる。また一度起こると再発しやすいという特徴がある。
    原因
    ・80%が脳動脈瘤               
    22.6%・・・死亡 
    34.4%・・・後遺症
    43%・・・社会復帰
    ・次いで15%が脳動脈奇形
    ・高血圧性脳内出血
    ・脳腫瘍
    ・頭部外傷
    破裂の原因は解明されていない。しかし、季節、気温、気圧の変化やストレスが直接破裂に関与する可能性が示唆され、また、喫煙、高血圧、糖尿病が破裂のリスクファクターとしてあげられている。
    診断
    くも膜下出血が疑われたらCTスキャンを行う。
    もしCTで診断が確定しない場合は髄液検査を行う。血性髄液をみとめれば、くも膜出血と診断される。
    症状
    ①突然の激しい頭痛・・・血管破裂によるクモ膜下腔への出血は、脳の虚血を起こす。さらに脳の虚血は、脳浮腫を引き起こし頭蓋内の圧迫(頭蓋内圧亢進)が起こり、硬膜や..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。