584 生徒指導 1単位目

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数85
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    「生きる力」「自己指導力」を育成する生徒指導の観点に立ち、子どもたちを取り巻く現代社会の急激な変化や児童期の成長発達を踏まえ、どのような学級づくり(学校経営)が考えられるかをまとめなさい。その際、学校における「家庭・地域との連携、協力」による指導の取り組みにも考慮しなさい。
    教科書を参照で記載の合格レポート。参考にどぞ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「生きる力」「自己指導力」を育成する生徒指導の観点に立ち、子どもたちを取り巻く現代社会の急激な変化や児童期の成長発達を踏まえ、どのような学級づくり(学校経営)が考えられるかをまとめなさい。その際、学校における「家庭・地域との連携、協力」による指導の取り組みにも考慮しなさい。
     
    現代社会の急激な変化の中を生きていく子どもたちが身につける能力として、よく挙げられるものが「生きる力」や「自己指導力」といわれるものである。自己指導力を伸ばす教育を教師が心がけることで、情報化社会を自分自身の力のみで生き抜く力が育まれる。
     そのための指導としては、消極的指導ではなく積極的指導の方が、効果が発揮されると考えられる。これを考えた上で、子どもたちを取り巻く環境を考えたいと思う。
     まず、最初に挙げられるものとして、「学歴社会」それも高学歴社会である。これは苦労して高度経済成長を支えた親の世代の学歴=子どもの幸福という学歴信仰社会が背景にあり、学習結果が評価のすべてという考え方につながる。そのため子どもは小さな失敗も許されず、指導され場合によっては非難されてしまう。その結果として学習意欲の低下、劣等感..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。