日大通信 民法 ,昼間スクーリング試験 制限行為能力者について 【S評価】

会員1,944円 | 非会員2,332円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数577
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    参考資料あり。
    制限行為能力者制度について説明しなさい。
    出席をとらない授業でレポート判定のみでしたが成績はSでした。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    民法(昼間スクーリング)試験
    設問:制限行為能力者制度について説明しなさい。
    まず民法とは、私法の一般法であり、私人の一般的な生活関係を規律する法律である。
    制限行為能力者制度を説明するにあたり、権利能力、意思能力、行為能力の説明から始める。
    権利能力(私権の享有)については、出生と同時に始まり、死ぬまで持つ。精神能力の高低を考えないところの一般的な地位・資格である(民3)
    そして、意思能力とは、権利能力があることを前提として、精神能力の高低を考慮して調整する概念であり、自らがなそうとする法律行為(民90から92)の結果を合理的に予見しえる能力である。
    別の言い方をすれば、損得が理解できている状態のことである。意思表示は、判断能力のある成年が問題なくかつ適法にすれば、その意思表示通りの法的効果を発生する。この、意思表示によって、その意思表示通りの法的な効果を発生させるものが、法律行為と呼ばれるものである。
    また、行為能力とは、単独で有効な法律行為をなしえる能力のことであり、一度やったら最後まで責任をとれる能力のことである。
    しかし、意思能力の有無の程度については、ケースバイケースであっ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。