グループの発達について

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数334
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    グループの発達について
    自分でグループというものを調べてみて、グループというのは大体4段階の発達期間にまとめられることがわかった。それを自分なりにまとめてみた。
    まず初めに、オリエンテーション期(構成期) グループが構成された段階では、メンバーが軽い緊張感と慎重な交換を行うオリエンテーション期を経験する。 この最初の段階で緊張が和らぎ、グループメンバーが互いによく知るようになると、メンバーが自分たちについて、自分の目標についての情報交換を始める。お互いの共通点を、相違点よりも多く発見する。 次に、葛藤期(嵐期) ほとんどのグループが比較的速いスピードで最小限度の相互依存を発達させる。しかし、最初の慎重な構成期は、一人かそれ以上のメンバーがグループに適合しなかったりし、グループに抵抗することによって終わりとなり、第2段階の葛藤期を迎えることになる。 一方、葛藤が拡大するとグループの内的動力に深刻な混乱を巻き起こす。最初は簡単な意見の相違が徐々に拡大し、他の課題も葛藤に持ち込まれ、ついには葛藤の解決の糸口もつかめない状態にまで発展することがある。さらに、今まで葛藤を傍観していたメンバーも..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。