介護コミュニケーション技術

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数1
閲覧数638
ダウンロード数18
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    介護コミュニケーション技術Ⅰ
    もし、私が聴覚障害者になったとしたら、日常生活の中でさまざまなことが障害になり、とても不便になるのではないかと考えた。
     まず、健聴者とのコミュニケーションをとるとき、不便である。 なぜなら、相手に具体的に何かを伝えたいときに私たちは、少なからず言語的コミュニケーションを利用するからだ。そのため、手話や筆談などという形でコミュニケーションをとらなければならない。そのためどうしても健聴者同士ではないはずのワンテンポが入ってしまい、それがプレシャーになるのではないかと考える。そして何より、誰でも手話が使えるわけではないし、どこにでも紙があるわけではないということからの..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。