社会保障論

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数1
閲覧数359
ダウンロード数16
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    社会保障論
    まず、労働者年金保険法とは、1941年に制定され、1942年に実地された法律である。なぜこの法は実地しなければならなかったかというと、日本は、太平洋戦争による戦費によって国家は多大なダメージを受けていた。だからこの法律を実地することにより、国民が働いていれば、はらうつもりがなくても払わなければいけなかった。つまり、このほうができた頃は、国家が保険という名前を使って、戦費で失った財政を回復使用と考えていたのではないかと私はここで考えた。しかしこの法を調べていくと、当時対象となるのは工場で働いている男性労働者のみであり、当初の目的としては、労働者福祉の充実と労働力の保全強化、生産力の拡..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。