Z1106 佛教大学通信 道徳教育の研究 A判定 「生きる力」の育成と道徳教育について述べよ

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数5
閲覧数1,111
ダウンロード数97
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    評価はBかCで返ってくると思っていましたが、A判定で帰ってきました。吃驚しましたが^^;

    私は資料の販売は積極的にはしようと思いません。どちらかというと、PCというインターネット回線を通して、佛大卒業者のパーセンテージを上げたいと考えております。ですが、この資料を盗作しろ!というわけではありません。そんなことをすれば、大学側からD判定を貰うのは間違いありませんから。あくまで、参考資料として目を通しておいてもらえれば嬉しいと思っております。そして、このインターネットという見えない世界を通して、佛教大学卒業と教職を皆で取っていきたいというのが切実な願いです。

    皆さん、お互いに頑張っていきましょうね(^^)v

    この資料が、貴方のレポートを書く上で良き資料となりますように(-人-)南無

    (注意)資料の丸写し、盗作がないようにお願いします。きちんと文章を作り変えてください。

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    何故、学校を通して道徳教育が必要かというと、「社会に適応していくため」に道徳教育が求められるのである。現代の社会では、五教科(英語・国語・数学・社会・理科)偏重というような偏差値重視が未だに蔓延っているのも事実である。しかし、この教科ができても英語では「アカデミックボーイ(Academic Boy)」といわれ、「言われたこと」だけをできるような少年を指しているのである。例えば、算数の問題があっても、1+1=2というように、計算からの発想転換ができないことをさしている。国語でも、文章中に「それ」とは何ですか?ということをできたとしても、「それ」だけは答えることができるが、「それ」以外には深く考え、何故そうなるか?というような教育がされていないのである。
    五教科がでてきも、社会に適応できない人間は現代の社会を通しても明白である。韓国の自殺者までとは行かないが、日本では自殺者が毎年3万にものぼり、うつ病患者の増加が近年社会問題化しているのである。そのような解決策として、道徳教育が必要となってきている。それは5教科偏重教育では解決できないものが多い。道徳を学ぶことにより、人への敬愛・尊敬・誠意..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。