経済学分冊1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数10
閲覧数232
ダウンロード数26
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    合格

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     完全競争市場は経済学において経済活動の理想状態と理解され、完全競争市場を他の実際の経済状態と比較するための物差しとして使用されている。
     完全競争市場は経済学におけるモデルとなる状態であり市場参加者の最適資源配分やこの市場における価格が決定するプロセスにおいても現実の市場原理や経済主体の行動を分析するためのモデルの一つであると考えられる。
     完全競争市場が成立する条件として「市場に多数の売り手と買い手が存在する」「財に関する情報の完全性」「取引される財の同質性」「長期における市場への企業の参入、退出が自由である」という4つの条件を満たすことが求められている。
     第一の条件である「市場に多数の売り手と買い手が存在する」ことは、完全競争市場では個々の経済主体が市場への影響力を持たなければ、市場は需要と供給との関係によって自律的な役割を果たすと考えられている。
    市場が完全競争であるためには、市場に参
    加する経済主体一人ひとりが市場に対する影響力を持たないことが必要である。
     この市場においては、誰がどのような行動をしようとも市場への影響は全くないものとされるためどの経済主体もほかの経済主体..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。