慶応19年度短答

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数36
閲覧数298
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    憲法民法刑法法科大学院入試

    代表キーワード

    民法憲法

    資料紹介

    慶應義塾大学法科大学院の既修者用試験の19年度の短答試験を、ロースクール生が詳細に解説したものです。著名な基本書や判例を引用して解説したつもりです。判例の引用については、設問に必要な部分より長めに切り出しています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    正 解
    設 問
    正 解
    チェック欄
    設 問
    正 解
    チェック欄
    1
    0
    16
    1
    2
    2
    17
    0
    3
    1
    18
    1
    4
    2
    19
    0
    5
    0
    20
    0
    6
    0
    21
    0
    7
    1
    22
    3
    8
    0
    23
    1
    9
    2
    24
    1
    10
    0
    25
    2
    11
    0
    26
    2
    12
    0
    27
    0
    13
    0
    28
    1
    14
    1
    29
    2
    15
    1
    30
    1
    合計
    憲 法
     A・Bに関する以下の0から3の記述のうち、正しいものはどれか。
    (解答欄1)正解:0
    A 最高裁判所の判例によれば、裁判所による出版物の事前差止めは、憲法21条2項の検閲には該当しないが、税関検査とともに事前抑制に該当するため、原則禁止とされるが、一定の要件が充足される場合のみ例外的に許される。誤っている。
     誤っている。最判昭和61・6・11は、「憲法二一条二項前段にいう検閲とは、行政権が主体となつて、思想内容等の表現物を対象とし、その全部又は一部の発表の禁止を目的として、対象とされる一定の表現物につき網羅的一般的に、発表前にその内容を審査したうえ、不適当と認めるものの発表を禁止することを、その特質として備えるものを指すと解すべ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。