イタリアにおける女性労働

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数3
閲覧数268
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    「マイノリティから見るイタリア史」レポート
     僕は本講義を受けて、イタリア女性運動のパイオニアであるアンナ・マリア・マッツォーニが女性労働者の保護立法に全面的に反対したことに非常に感銘を受けた。なぜならば、それまでの児童と同様、女性は社会的弱者であり、彼女らを保護するのは当然のようであるが、まさにその考え方が女性の社会的地位向上を妨げるのであることに気がついたからだ。僕はアンナ・マリア・マッツォーニから始まったイタリア女性運動が現在に至るまでどのような変遷をしたのかに興味を持ち、それについて、また現在のイタリア女性について考察する。
     第二次世界大戦後に制定された共和国憲法は、すべての市民の方の下の平等と性による差別の禁止を掲げるとともに(第三条)、「女性勤労者は男性勤労者と同じ権利を有し、等しい勤労に就き、同じ報酬を受ける」(第三十七条)ことを定めた。つまり法の下の男女平等という一般原則に」加え、労働者としての男女の対等性が別個に規定されたのである。
    しかし同時に、女性の勤労条件は、「女性の本質的家庭機能の遂行」と両立するものでなくてはならず、労働においては、「母親と幼児に特別の適当..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。