英米の詩 第1課題

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数368
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    A!がんばりました!

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第一課題第一設題
     William Wordsworth(1770-1850)の詩を鑑賞、分析するにあたり、その作品理解を深めるためにワーズワースの生い立ち、時代背景等に触れたい。ワーズワースは、8歳で母を亡くしている。母の死去と共に、ワーズワースの父は彼を学校へと送るが、母を亡くして5年後法律家であった父もまた1783年に世を去る。ワーズワースは孤独な少年時代を送るが、自然の美しさが彼の心の慰めとなったという。その後、ケンブリッジのセントジョンのカレッジで勉強し、卒業旅行にフランスへ旅し、フランス革命に接触した。フランスでは、隠し子を設けるに至り、その子の顔を見ぬままイギリスへ帰ることになる。しかし、1802年に、彼は、キャロラインに会うために、4週間のフランス訪問をする。その後、メアリー・ハッチンソン(幼なじみ)と結婚し、5人の子供を設けるが、1812年に、グラスミアにて2人の子供を失い、1847年に彼の娘ドラにも先立たれている。フランス革命により、自由、平等、博愛、という政治的理想に惹きつけられたものの、その後の無秩序な恐怖政治へ凋落、イギリスにても、古い価値観は崩壊し、産業革命..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。