教職入門 第1課題

会員1,620円 | 非会員1,944円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数103
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    聖徳大学教育教師

    代表キーワード

    聖徳大学教職入門

    資料紹介

    S

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1課題 第1設題
     第1章は「教師とは何か」の主題のもと、教師像につき日本独自の在り方を歴史的に解説する。学制頒布、自由教育令、改正教育令そして小学校教員心得の発布、師範学校令、帝国大学令から資質として「順良」「信愛」「威重」が求められた戦前の学校制度から富国強兵政策の下、学校教育が国家主義の統制にしかれ教師の社会的地位や権威は失墜してゆく。この頃から農民出身者の教師が増加し教師の構成も大きく変容する。戦後には日本教職員組合が結成され、マルクス主義などの革新的思想も広がり、日教組の活動が大きく展開されることになる。
    また、これからの教師に求められる資質能力として答申の流れから「個性の伸長」「..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。