教育課程論 第1課題

会員2,700円 | 非会員3,240円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数113
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    聖徳大学学校教育

    代表キーワード

    聖徳大学教育課程論

    資料紹介

    S!H23年度課題対応!力作です。ぜひ一読してください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1課題第1設題
     教育課程とは、学校教育で望ましい学習が展開されるように作られる教育の目標・内容・構成・配当時間などの総体、教科・科目等指導領域を設け、教材を選択・配列することによって編成されるカリキュラムと定義できる。教育の目的は教育基本法第1条に、学校教育については学校教育法6条に規定されている。この実現を目指し立てる教育計画が教育課程である。
    具体的に教育課程は教育関係法規の中でどのように記されているのだろうか。1945年以前は教育勅語によって規定され勅令主義をとっていた。1945年以降は法律主義に転換し、教育基本法を根拠法として、民主主義の手続きを経て決められた法律によって規定される..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。