英米の小説 2

会員1,620円 | 非会員1,944円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数262
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    S!H23年度課題対応!力作です。ぜひ一読してください。何度も読んで考えました!!!

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第2課題 第1設題
    ハーディは「ダーバヴィル家のテス」において主人公テスがハーディの求める価値観である「自然」として、当時のヴィクトリア王朝の宗教観、価値観と対峙しながら波乱に満ちた生涯を記している。テスの悲劇は、ヴィクトリア王朝の古い道徳律が生み出した悲劇であり、家庭の貧困の犠牲となったテスは巨大な国家の因習の前にあまりに無力だった。ハーディはテスに何度となく訪れる不幸によって、当時のヴィクトリア王朝の文明社会を批判している。
    まずは、テスの人生を揺るがす二人の対照的な男性である。アレクは強欲であり、自らの性欲を満たさんがためにテスの処女を奪い、その後も自分の妻になるよう執拗にテスに迫っては..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。