野比のび太のハビトゥス分析

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数841
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    漫画「ドラえもん」の主人公のび太のハビトゥス分析
    野比のび太のハビトゥス分析
     野比のび太(以下のび太)は漫画『ドラえもん』に登場する架空の人物で、同作品の主人公である。野比のび助と野比玉子の一人息子。
     東京在住の小学四年生。時間経過による成長は基本的に見られない。
     勉強は駄目、スポーツも駄目、何をやらせても冴えない少年。物語は彼の不幸な将来を変えるために、未来の子孫であるセワシから猫型ロボットのドラえもんが送られたことから始まる。以降、困りごとがあったり、トラブルに巻き込まれるとドラえもんに泣き付き、ひみつ道具に頼ろうとする。
     のび太は漫画を読むのが趣味で、高学年向けや大人向けの作品、少女マンガであっても分け隔てなく親しみ、造詣も深い。漫画評論の目利きは優れており「ぼくが面白いと思った漫画は必ずヒットする」と自信を窺わせる発言をしており、周囲もそれを認めている。一方で彼自身は絵を描く才能を一切持ち合わせておらず、絵の得意な父親とは正反対で絵は大の苦手である。犬の絵を描くが、どう描いても猫のようにしか見えず、幼稚園の頃に描いた絵を「今と変わらない」と言われたりする。ただし絵を描く..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。