焼肉 アジ文レポート

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数3
閲覧数254
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    はじめに
     今の日本の食文化にはさまざまな国の食文化が入り混じって定着している。すぐ隣国の朝鮮半島の食べ物も、多くのものが身近に見られる。例えばキムチであり、焼肉であり、冷麺である。食生活の形成には住むところの自然環境と社会環境が大きな要素となるが、宗教も大きく関わっている。そこで今回は焼肉をテーマとして、朝鮮半島の儒教社会と食文化、そして日本との関わりに迫ってみたいと思う。
    焼肉料理とその起源
     日本には焼肉料理店が2万3千店舗ほどあると見られている。焼肉料理が日本に定着したのは、戦後のことで、昭和三十年代を境に急速に広がり、日本の食生活に大きな変化をもたらした。その料理のルーツは遠く中央アジアの遊牧民の生活にある。中央アジアの草原地帯で生活する人たちは、生きるための知恵として、人間が食用にできない草を動物に食べさせ、その動物の肉を食用にするという生活文化を作り上げる。一般に牧畜文化といえば、肉食文化と受け止められがちだが、牧畜文化の中心は乳の利用である。乳は生のままだけでなく、発酵させてヨーグルト、チーズ、酒類などに利用する。乳の出ない幼い雄や出尽くした雌は利用価値が低いので、肉料..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。