人間コミュニケショ..

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数185
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    人間コミュニケションレポート
    私にとってこのジムは
     僕にとってこのジム(講義)は、なんで登録したのか理由も覚えていないくらい何気なく登録した講義だった。しかし講義を受講するにつれて、やがてこの講義に対する思いは変わって行き、最終的には「ただの大学の講義ではなく、人生を通して役に立つ人と人とのコミュケーションの実践学習」とまで思うようになった。
    初めて講義に行ったのは二回目で、様子を見ようと一番後ろの席に座り、後ろから四列は座ってはいけないと注意された思い出がある。講義の前半は前回のフィードバックを行っていて、漠然と聞いていた。そこで感じたのが、先生の言葉が他の多くの大学の先生の味気ない言葉ではなく、生き生きと僕に伝わってきたということだ。前回出席していない講義のフィードバックだというのに、僕はいいことを聞いたなぁと思うと同時に、どんな授業が行われるのかと緊張した。そして言い渡された課題は、教室の中の人とパートナーとなり、なかなか人には話せないような悩みを相談する、といった内容だった。(厳密には少し違った内容だったかもしれない)これまでの自分の受けてきたあらゆる授業の中で、こういった課..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。