身体表現ゼミ 上達の法則

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数269
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    よりよいパフォーマンスを発揮するために
    <始めに>
    ここにいるみなさんは身体表現のゼミということで、なんらかの技能(ダンス、歌など)を有している人が多いと思う。では、それらの技能を今よりさらに高めるにはどうしたらいいのだろうか?初級者の段階から中級者、そして上級者になるためにはどうしたらよいのかを上級者の特徴とともにそのコツを考察した。
    <初級者から中級者へのステップ>
    初級者の人が中級者になるために
    ★ まずは始めること。最初から「うまくなるにはどうしたらよいか」を考えていても仕方が無い。
    ★ 練習の頻度を決める。一般的に学習や練習の後、忘却が生じるが、それは24時間後、72時間後、そして6~7日後に大きく生じる。以上のことから初心者におすすめの練習頻度は、週に二日以上である。
    ★ 学習の場を決める。目安はその場になりたい自分がいるのかどうか。スクールなど。
    ★ 自分の得意を見つける。例えば音楽でアルペジオが好きなら、アルペジオの練習にこだわってみる。「得意」や「好き」という感情は上達への大きな原動力となる。
    …中級者までは比較的多くの人が辿り着ける。問題は初級者あるいは中級者と上級..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。