活字メディアレポート

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数1
閲覧数219
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    凶悪事件から考える実名報道
    1988年11月から1989年の1月にかけてある凶悪な事件が発生した。女子高生コンクリート詰め殺人事件である。加害者は当時全員未成年であったが、一部の報道機関が少年らの実名を大々的に報道した。彼らの人権は社会に無視されたのだ。実名報道をした週刊文春は理由として「事件があまりにも残虐だったため」「野獣に人権はない」としている。この事件から既に19年。その後を調べていくと、様々な問題が残されたままであることがわかる。被害者の遺族が事件の影響で病に倒れ、犯罪被害者を救済するシステムが整備されていないことを露呈した。また、一部の少年はすでに少年刑務所や少年院を出たものの、あ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。