演出論レポート

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数4
閲覧数970
ダウンロード数17
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「世界のクロサワ」と知られる黒沢明監督の『乱』。それはシェイクスピアの『リア王』が黒沢流に解釈され、映画というメディアを使って表現されたものだそうです。そこで今回レポートでは、『乱』と『リア王』を比較することによって見ることができる、共通点、相違点、そこから分かるシェイクスピアと黒澤明の考えの違いについて以下の通りに書いていこうと思います。
     ①『乱』と『リア王』のあらすじとその舞台
     ②作品の人物がもつ要素
     ③道化と狂阿彌

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    演出論レポート
    「世界のクロサワ」と知られる黒沢明監督の『乱』。それはシェイクスピアの『リア王』が黒沢流に解釈され、映画というメディアを使って表現されたものだそうです。そこで今回レポートでは、『乱』と『リア王』を比較することによって見ることができる、共通点、相違点、そこから分かるシェイクスピアと黒澤明の考えの違いについて以下の通りに書いていこうと思います。  ①『乱』と『リア王』のあらすじとその舞台  ②作品の人物がもつ要素  ③道化と狂阿彌 1、あらすじとその舞台  『乱』の舞台は16世紀日本の、ちょうど戦の動乱期であると考えられます。広大な領地を数々の戦で勝利し、得ていた一文字英虎は、自分に老いを感じ、三人の息子に領地、大殿の座を渡そうとするところから物語は始まります。  舞台については『リア王』では古代英国で、ヒデトラ同様リア王も広大な領地を持つブリテンの王でした。そして『乱』では「三人の息子」であったのに対して『リア王』では「三人の娘」になっています。  リア王は広大な土地をもち、絶対的な影響力をもつ王でもありましたが、彼は歳を取り、娘たちに自分の幸せを委ねようとしたのです。彼..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。