ロミオとジュリエット☆

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,234
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    テーマ、あらすじ、鑑賞ポイントをもとに作成したロミオとジュリエットに関してのレポートです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ロミオとジュリエット                       
    私はこの劇のテーマとして、究極で永遠の愛とは何なのか、真実の愛を基準として自己を相手のために犠牲にできるのか、愛の深さや大きさを持続させることの難しさ、これらから二人の愛を最も輝かせておくためには「悲劇」という結末が必要なのではないかと考える。
    この劇はロミオとジュリエットにまつわる悲劇の一説を取り上げたものである。
    したがって、この劇がはじまるまでのあらすじを述べる必要がある。
     キャピュレット家とモンターギュ家という二つの敵対する名家があり、両家の争いはベローナの都の平和な町の静けさを破っていた。
    ある日、ロザラインに片思いしていたロミオは友人の誘いからキャピュレット家の
    仮面舞踏会に忍び込んだ。そこでジュリエットに出会った瞬間恋に落ちてしまった。ロミオが日々苦しい思いをしてあれほど愛した女性であったロザラインからあっさりとジュリエットに心変わりしたのだ。二人はお互いに恋に落ちるが、両家の不仲が二人の障害となった。
     舞踏会の後、キャピュレット家に忍び込み、ジュリエットが一人愛の告白をしているのを耳にした。ロミオは..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。