0412_イギリス文学史2(分冊2):合格リポート

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,465
ダウンロード数18
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    イギリス文学史IIの分冊2の合格リポートです
    ご参考までに

    【課題】
    2.教材の「アンソロジー」の小説家を扱った個所から2作品選びその特徴を比較しなさい。引用文は英語を用い、その和訳を( )に入れなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    Pride and Prejudice, Jane AustenとWuthering Heights, Emily Bronteの特徴の比較をしてみたい。Austineはロマン主義時代の作家であるが、彼女の作品は風俗小説の類に属するロマン主義時代感傷小説や荒唐無稽なゴシック・ロマンスではなく、現実に根ざした家庭小説を描いた。従って彼女の描く世界は狭い。Pride and Prejudiceを例にとろう。この話は田舎住まいのBennet夫妻と5人の娘との家庭生活を勝気な次女のElizabethと青年Darcyの恋のもつれを中心にした「自負と偏見」の書き出しは非常に興味深い。It is a truth universally acknowledged, that a single man in possession of a good fortune, must be in want of a wife. (独り者で、金があると言えば、あとはきっと細君をほしがっているに違いない、というのが世間一般のいわば公認真理といってよい)Austineが、ロマン主義に傾倒している文学への皮肉を込めた一..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。