0021_法学_分冊1:合格リポート

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数550
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    法学の分冊1の合格リポートです。

    【課題】
    法律不遡及の原則はなぜ必要か、具体例を示して説明せよ

    ご参考までに。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    法律不遡及の原則が何故必要かを述べるにあたり、法の機能に立ち返り、法の役割とは何かを振り返り、その上で刑罰不遡及の原則を満たす予測可能性の保障とは何かを考え、法律不遡及に関する事件例を取り上げ論じていきたい。
    法の機能
    私たちは法規範に基づいて社会生活を営んでいる。法規範は行為規範という人々が一定の行為を行ったりさし控えたりする理由を示すことで人々に行動の指針や評価基準を提示する機能を持っている。行為規範を前提として事後的に法律効果を生じさせる規範、つまり採決規範は違法行為や法的紛争が生じた際に個別具体的に要件事実の存否を確認して法的な採決を導く。一定の行為規範を前提とすることで法的権利義務の存否や内容を理解したり、また場合によっては必要に応じて新たな法的関係を創設したり、既存の関係を変更・廃止することが期待されている。つまり法規範が社会の中で相互に関連しあいながら作動することで一定の機能を持つが、その機能は
    法が一定の規範的意味を持っていることで秩序維持を図る機能
    私的制裁や自力救済を禁止し、人々が一定の行動様式をとるよう制裁によって確保することにより、人々の相互行為が安定化される
    ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。