0414_アメリカ文学史(分冊2)

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数1
閲覧数699
ダウンロード数30
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    アメリカ文学史分冊2の合格リポートです。
    ご参考までに。評価の中でダメだしをされているところがあったので無料で公開します。

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    1929年の経済破綻は20年代の幸せや自信、活気を壊滅させた。多くのアメリカ人が職を失い、世界恐慌の時を迎え、社会的憤りと自責という新時代に突入した。多くの作家が新種の左翼や社会主義、自然主義に傾倒し、一般大衆の奮闘、努力、あがき、そして悲しみを表現した。一方で彼らの強さや活力、希望を見出した。文学は力強く、活気に満ち、そして読みやすい文体で当時の様子を鮮明に描いたことがこの時代の文学の特徴である。30年代初期、経済危機により熱狂的なマルクス主義のプロレタリア文学運動が起こった。よりよい生活を求めヨーロッパを去った移民のアメリカン・ドリームの失敗を主題とした作品がGoldを筆頭にユダヤ系アメリカ文学で見られた。アメリカの暗黒部分を浮き彫りにし、現実を直視する新聞記事を読むような真実味を伴う作品、そして非純文学の傾向がこの時期の文学の特徴であろう。その写実主義を見せる代表作家としてJohn O’Hara, John Steinbeck, Henry Miller, Erskine Caldwellを挙げる。
    John Steinbeck(1902-1968)はO’Hara同様「全てを書き..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。