0445英文法(分冊1):合格リポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数934
ダウンロード数50
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    英語日大通信英文法

    代表キーワード

    英文法日本大学0445

    資料紹介

    0445英文法(分冊1)の合格リポートです。ご参考までに。

    設問:英語の未来表現について、具体的な例文を提示しながら、その意味用法を詳述しなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    英語における基本自制は現在、過去、未来の3つである。時生徒は文(原則として文は主題を表す主部とその主部に対する陳述を示す述部から成る)がのべつ事物の時間関係を表すことである。表す時間により述部の中心となる動詞の語形を変化させる。ただし、時制とはあくまでも動詞の形のことであり、実際の時間と必ずしも一致しない場合がある。
     また、3つの基本時制のうち本動詞が表せるのは現在と過去のみである。未来を含むそれ以外の時間を表す場合、助動詞を伴う。
     英語における未来表現の時間区分とは、確定した未来、近接した未来、単純未来、医師未来、未来進行形の5つとなる。未来完了や未来完了進行形は現在時点を起点にそこを含む未来のある時点までの動作を表すため、純粋な未来(現在時点ではまだ動作されていない事象)として扱われないため、ここでは上記5つの見ら表現を詳述する。
     動作動詞を現在時制として用いる場合、その動詞は目前の動作、つまり確定している未来を示すことができる。通常、時・条件の副詞相当語・節を伴うのでその語や句が時を示すため時制を変化させる必要がない。従って確定した未来は単純現在を用いて表す。
     例えば、S..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。