日大、フランス革命合格原稿(分冊1):科目コード0625 0626

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数942
ダウンロード数41
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    日大通信、「外国史概説」(外国史も含む)分冊1の合格原稿です。

    題:フランス革命について論述しなさい

    評価:内容について必要な論点について言及し適切にまとめられています。とのことでした。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1787年に王権に対する貴族の反抗で口火が切られ、89年から全社会層を巻き込む本格的な革命となる。絶対王制を倒して、立憲王政から共和政へと次第に進化したが、94年のテルミドール9日のクーデターののち、退潮に向かい、99年ナポレオンの政権掌握をもって終了する。前近代的な社会体制を変革して近代ブルジョア革命の代表的なものとされる。
    絶対王政下のフランスはアンシャン・レジームと呼ばれる身分制度の社会であった。聖職者と貴族は免税などの特権を持つほか、領主として広大な土地を持ち、重要な官職を独占したが、国民の9割以上を占める第三身分である平民は不平等な扱いを受けた。しかし18世紀後半になると、特権身分の間でも貧富の差が大きくなり、身分としてのまとまりが弱くなった。また第三身分も大部分は封建的社会に苦しむ農民と都市の貧しい下層市民であるが、経済力を蓄えた商工業ブルジョワジーが、次第に台頭してきた。こうして旧制度の矛盾は深刻化し、啓蒙思想やアメリカ独立戦争の影響などもあり、改革への気運は高まった。しかし、革命のきっかけを作ったのは旧制度に不満を持つ第三身分ではなく、特権貴族である。ルイ16世即位以来..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。