日大、地誌学、分冊1、中国社会の現状について(合格原稿)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数534
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    日大、通信学部「地誌学」分冊1、中国社会の現状について、地理的な項目を選択して説明しなさい、解説の・・・・・
    合格しています。
    私の場合は香港を取り上げました。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    中国社会の現状について、中国と香港の関係について次のように述べる。
    1997年7月1日、香港は中国に返還され、中国の一特別行政区となった。香港地域は英国植民地として、中国大陸の政治的変動に巻き込まれず、資本主義を発展させてきた。共産党による大陸の統治を嫌う人々や、企業にとって香港は脱出路になり、香港にとって大量の難民は安い労働力、逃避してきた企業や資金は経済発展の補給路となった。1949年以来、中国は公式には香港に対する主権を主張してきたが、実際に香港回収の措置をとることはなかった。それは、中国の西側世界への輸出の中継点として、香港は資金導入の窓口の役割を果たしてきた。中国は香港住民の大陸への送金を受け入れることにより、大量の外貨を獲得することが出来た。米国の対中封じ込め政策の中で、西側世界から孤立した中国にとって、香港は西側諸国に向けて開かれた唯一の窓口の役割を果たしてきたのである。だが、植民地香港のほとんどの租借期限が近づき、香港の将来を決定すべき時となった。
    香港返還はアヘン戦争(1840年)によって奪われた土地および主権を回復すると、英国主義の統治は終わり、150年にわたる国家..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。