日本大学 通信教育 証券市場論 分冊1 2011年度

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数180
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     一般企業が資金調達するにあたって、発行する証券には多数の種類がある。資金源泉の負債では長期資産としての社債、エクイティとしては株式等がある。
    1.株式
     ①DDM
     毎期1株d円配当予定の株式を売却しない条件で購入する。この場合の株式の価格Pは市中金利rとしたとき、いくらになるか。
     P=d/(1+r)+d/(1+r)²+﻽﻽﻽﻽+d/(1+r) t ﻽﻽﻽﻽ (1-1)
     この(1-1)式は初項d/(1+r)、公比1/(1+r)の無限等比級数であるから、P=初項d/(1+r)の公式に代入して、
     P=d/r ﻽﻽﻽﻽﻽﻽﻽﻽﻽﻽﻽﻽﻽﻽﻽﻽﻽﻽﻽﻽﻽﻽﻽﻽﻽﻽﻽﻽﻽﻽﻽﻽﻽﻽﻽﻽﻽﻽﻽﻽﻽﻽﻽﻽ (1-2)
    となる。実際、将来は不確実性下であるので、配当を期待配当˜dとして、市中金利の期待配当˜dの不確実性を考慮したリスク・プレミアムを加えたものを割引率としてpとすれば P=˜d/p ﻽﻽﻽﻽﻽﻽﻽﻽﻽﻽﻽﻽﻽﻽﻽﻽﻽﻽﻽﻽﻽﻽﻽﻽﻽﻽﻽﻽﻽﻽﻽﻽﻽﻽﻽ (1-3)
    とあらわされる。(1-3)式は配当割引モデル(Dividend Discount Model – DDM)といわれる..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。