S0104 教育方法学 第2設題 レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数257
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    B判定でした。設題の把握とテキストの理解は十分にチェックが入っていました。所見は「教育技術や実践知が明示されるまでのプロセスを説明しよう」とありました。
    以上の内容とレポートを参考にしていただければと思います。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教師の技術や実践知とはどのようなものであるか、またそれを共有することの意義を整理し、さらに教育技術や実践知を表現する方法や流通させるための方法を考え、具体的に説明せよ。
     教職はこれまで優れた教師個人像を描くことによって、職業の専門性を維持できると期待していた。しかし多様化し、複雑化していく教育の実態に対して、教師が自らの能力を高め問題に立ち向かえるような教職専門性として発展しているのかが問題であり、国際的にも通用する専門的知識を創出することが期待されている。柔軟な授業は、高度の専門性によって実現するが、教職専門性は著名な教育実践化の個人的な経験を超えて、無名の教師が生み出している新しい知識を組織化することによって進歩する。教師たちもまた専門家集団として学ぶこと、柔軟な授業の開発が期待される。柔軟な授業を実現するには、高度の専門的教育技術が必要になる。
     教育技術については、教育の領域のなかで1領域を意味する「教育における技術」と異なる領域での技術の共通性に着目する「技術としての教育」という2つの視点が成り立ちうる。教育技術は他の領域の技術から学べることも多い。
     まったく経験してこと..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。