S0527 学校教育課程論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数235
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    このレポートはB判定でした。設題の把握が不十分で、テキストの理解は十分との判定でした。所見としては、学習指導要領の変遷を概観することは重要ですが、その中でも最も重要な転換点は1958年(昭和33年)改訂だと論じられています。教科「道徳」の特設、経験主義から系統主義への転換、法的拘束力の強化、最低授業時数および小・中学校での1単位あたりの時間など、その後に影響を与えた改訂です。それについて詳しく論じてください。と書かれていました。所見を参考にしていただければとてもいいレポートが仕上がると思います。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    このレポートはB判定でした。設題の把握が不十分で、テキストの理解は十分との判定でした。所見としては、学習指導要領の変遷を概観することは重要ですが、その中でも最も重要な転換点は1958年(昭和33年)改訂だと論じられています。教科「道徳」の特設、経験主義から系統主義への転換、法的拘束力の強化、最低授業時数および小・中学校での1単位あたりの時間など、その後に影響を与えた改訂です。それについて詳しく論じてください。と書かれていました。所見を参考にしていただければとてもいいレポートが仕上がると思います。
     教育課程とは何かについて、その基準と編成原理、今日的課題についてまとめてください。
     教育課程の概念は一般に、「学校教育の目的や目標を達成するために、教育の内容を児童の心身の発達に応じ、授業時数との関連において総合的に組織した学校の教育計画である」(文部科学省『中学校学習指導要領解説「総則編」』)と解されている。教育課程とは、学校教育の目的や目標を達成するための計画を立てることである。これらは、教科指導のみならず、学校生活全体や、家庭や地域社会との連携についても含まれている。
     教育内容は、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。