S0105 教育心理学 第2設題 レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数192
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    A判定でした。
    適応・不適応の心理的機制、またそれからひき起こされる特徴的行動について説明せよ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    A判定でした。所見は、「適応・不適応について理解に秀れる。」と書かれてありました。
    適応・不適応の心理的機制、またそれらからひき起こされる特徴的行動について説明せよ。
    Ⅰ 適応
     心理学では適応の概念は、環境、とくに社会的環境の要請に対する心理的反応による適合のよさとして用いられることが多い。つまり、適応とは、他の人との関係において、自分を取りまく社会的環境と生活の要請に適合して、責任を果たし、ストレスを処理し、個人的要求に合致させることである。このような「適応」の様態に関して、その元にある人の行動を引き起こす「動機づけ」と欲求の種類、その対立に起因する「葛藤」や阻害されて生じる「欲求不満」の成り立ち、それらへの対処の仕方としての「適応機制」と「防衛機制」について述べていく。 
    人間や動物の行動の背後には、必ずそれを引き起こす原因がある。心理学では、行動の原因となる内的な状態を説明することばとして、要求、欲求、欲望、願望、動因、衝動、熱望、そして動機、などが使われる。内的な常態を「動機」とし、この「動機」によって人間や動物が「目標」に向かって、ある種の行動に駆り立てられる心理的な作用を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。