S0534 教育相談の研究 レポート 2011年

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数227
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    【A判定】
    所見としては、
    学校カウンセリングにおける、教師とスクールカウンセラーそれぞれの取り組みのポイントについて、よく述べられています。
    とあります。
    レポート作成の参考にしていただければと思います。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学校カウンセリングの意義、方法および今後の課題について
    カウンセリングという概念は、近代に入り社会の構造が複雑化し、人々の悩みも多岐にわたり、その相談内容も多様化し、対応するには一定の知識や技術が要求されることになり、できあがり発展してきた。
    カウンセリングという用語が一般的になったのは、1982年にロジャースの著書『カウンセリングと心理療法』が出版され、注目されるようになってからである。それまでカウンセリングとは、相談や助言というニュアンスが強かったが、治療的な意味を付加させた。そして、カウンセリングの対象者であるクライエント、カウンセリングをするカウンセラーと対等の横関係であり、クライエントが自発的に自分で意思決定ができるようにするのが、カウンセリングの目標であると主張した。自らが意思決定し問題解決がはかれる能力を養うようにするための療法は『クライエント中心療法』と呼ばれ多くの人に受け入れられた。
    私たちが、自分で自分の行動を決定し、それを実行に移す時、心の中には、理想の姿を求める心、快楽を求める心、そのどちらかを選び自分の行動を決定する心がある。精神分析学者のフロイドは心の中の三..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。