心理学理論と心理的支援①

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数4
閲覧数469
ダウンロード数29
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    「防衛(適応)機制」とは、欲求不満等により適応できない状態に陥った際に、不安が動機となり行われる自我の再適応のメカニズムである。つまり、どんな状況においても、なんとか意識の連続性を保つために働く、一時的な「心の安全装置」のようなものである。防衛(適応)機制は、通常は無意識のうちに起こり、また一定の行動傾向として個人に定着して見られることから、性格の一部として見なされることもある。防衛(適応)機制には、下記のように様々なものがある。
    「抑圧」は実現困難な欲求や苦痛な体験などを押さえ込んで忘れようとすることである。防衛(適応)規制の基礎となるものである。
    「同一化」は自分にない名声や権威に自分を近..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。