Z1002 スポーツ論入門 最終試験対策6問(合格済み)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数390
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    テキストを試験用にまとめました。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ウェイト・トレーニングについてその目的、方法を記述せよ。
    人体を刺激に適応させて、その作業能力をいかに発揮させるかがトレーニングであり、また、体力を工場させるために、身体に刺激を与えることである。それには、質・量の両面から考えたオーバーロード(over load)という条件が必須条件である。オーバーロードとは、各個体に応じた一定水準以上の負荷を与えるということである。
    その代表例が、ウェイト・トレーニングである。これには、等張力性筋収縮(isotonic contraction)によるトレーニング(自由トレーニング)と、等尺性筋収縮(isometric contraction)によるトレーニング(静的トレーニング)とがある。
    ヘッティンガーは、静的トレーニングでは、最大筋力の40%の負荷ならば、100%のときと同程度のトレーニング効果があると述べている。しかし、静的トレーニングの場合では~%と制約せず、安全度からいっても100%の最大筋力を発揮しても支障はないといえる。
    動的トレーニニングの場合、最大筋力(100%)を用いることは危険性がたかいので60%位で行われている。動作を行う場合..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。