佛教大学 S0106「教育社会学」第1設題 A判定リポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数1,123
ダウンロード数61
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学 S0106「教育社会学」第1設題
    2012年度提出のリポートです。「A」判定でした!
    テキストに沿って、しっかりと定義、考察がなされているとの所見をいただきました。
    リポート作成の際、あくまで参考にしていただければと思います。

    第1設題 「学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するのかについて学力の視点から述べてください。」

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するのかについて学力の視点から述べてください。
    学歴社会とは、「社会における社会的・職業的地位などの配分の基準として学歴が重きを占める社会」と定義されている。つまり、○○大学を出た人は社会的・世間的に見て優れているとか、就職の際に性格や人物像よりもどこの大学を出たのかを重視することが多い社会のことである。重きを占めるということは必ずしもそうであるという訳ではないが、大部分がそうであるということであって、以前の日本も学歴社会であった。現在では、大学名で人を見る傾向は減ってきてはいるが、まだまだなくなったとは言えない状況である。学歴社会とよく混同される言葉に「高学歴社会」がある。これは単に「高学歴者の多い社会で、高校卒業後の高等教育機関への進学率が50%を超える社会」のことであり、両者はその意味するところが全く異なる言葉なのである。学歴社会とは、学歴を配分の基準として考えるものであり、ただ単に教育を重視する社会でないということが重要である。教育を重視する社会が「学歴社会」であるなら、「学歴社会」でない社会というのはこの世..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。