佛教大学 S0105「教育心理学」第2設題 A判定リポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数1,142
ダウンロード数27
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学 S0105「教育心理学」リポート第2設題
    2012年度。「A」判定でした!
    リポート作成の際、あくまで参考にしていただければと思います。

    第2設題 「適応・不適応の心理的機制、またそれらからひき起こされる特徴的行動について説明せよ。」

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    適応・不適応の心理的機制、またそれらからひき起こされる特徴的行動について説明せよ。
    心理学における「適応」とは、人間が家庭、学校、会社などの社会的環境や周囲の人間との間に適切な関係を維持し、心理的安定を保つことである。人間も生物なので、生命活動を行う中で環境に対する生理的適応が行われる必要があるが、やはり社会的環境に対する心理的・文化的な「適応」が重要である。そして、人は様々な周囲の環境に対し反応を繰り返しながら生活している。環境は日々変化しているので、人間が生きていくためには、環境と状況に応じた行動を取らなければならない。そして、単なる生命の保全だけでなく、欲求を満たすために行動を調整していくのが「適応」である。それに対して、不適応な状態とは、一般に不安や焦燥感、劣等感といった心理的に不安定な状態を意味する。これらは身体症状(発汗・動悸・頭痛・胃痛等)として自覚されることもある。欲求を満たそうとするときに出てくる障害や困難にぶつかった時に、それに対処する仕方を働かせる心的機能の基本となる機制、あるいは適応への努力を「適応機制」と言う。「適応機制」は自我が受け入れがたい本能的欲求から起..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。