佛教大学 S0101「教育原論」A判定リポート第1設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数1,414
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学 S0101「教育原論」リポート第1設題です。
    2011年度提出。
    「A」判定でした! コメントもいい評価をいただきました!
    リポート作成の際に参考にしていただければと思います。

    第1設題 「ペスタロッチーの教育学(直観の原理など)について考察せよ。」

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ペスタロッチーの教育学(直観の原理など)について考察せよ。
    ペスタロッチーは1746年、スイスのチューリッヒに生まれ、スイスを中心に活躍した教育思想家である。5歳の時に外科医であった父を亡くし、母と家政婦によって育てられた。幼少期、女性に育てられたことは、後年教育における女性の重要性を説いたことに影響していると考えられる。ペスタロッチーは、祖父が貧しい人々の救済に働いているのを見て、祖父と同じく牧師となり救済事業にあたることを生涯の使命とすることを決意し、大学に進学する。大学で、ペスタロッチーは貧民救済のためには宗教ではなく法学を学ぶことが重要と悟り、特に政治学・歴史学の教授ボートマーに魅了された。そして、「愛国者団」という政治結社を作り政治運動を行うが、1767年、政治事件に関わり投獄され出世の道を絶たれる。その結果、1769年、農業改革による人々の救済を目指し、農民となることを決意し、農場経営に乗り出す。これには、何らかの形で民衆の救済に貢献したいという彼なりの願いがあったと考えられる。1771年、ノイホーフ農場を設立するが、この農場は土地も不良で天候にも恵まれなかったため、成功し..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。