佛教大学 S0104「教育方法学」リポート第2設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数1,431
ダウンロード数26
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学 S0104「教育方法学」リポート第2設題です。
    2011年度提出。合格済みです。
    リポート作成の際に参考にしていただければと思います。

    第2設題 「教師の技術や実践知とはどのようなものであるか、またそれを共有することの意義を整理し、さらに教育技術や実践知を表現する方法や流通させるための方法を考え、具体的に説明せよ。」

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教師の技術や実践知とはどのようなものであるか、またそれを共有することの意義を整理し、さらに教育技術や実践知を表現する方法や流通させるための方法を考え、具体的に説明せよ。
    教師は子どもの成長に関わる専門的な職業であり、技術や知識の流通を意識した実践は専門家の責務である。教育学や心理学などの分野で明らかになっている知識や技術を、教育現場に合理的に取り入れ、それらを技術的に実践することで教職の専門性は確立される。また、教師はそうした知識や技術に習熟した熟練技術者として位置付けられ、専門職として確立される。
    元来、教育の過程は科学的な知識や技術で説明し統制されようとしたが、実際の教育現場では、教師の全く予期しない生徒の反応が多く、教師は自分が蓄積した科学的な知識や技術のみでは対処できないことが多い。大勢の考えが複雑に交錯する中で、生徒と生きた関係を保ちつつ、解決へと導く実践的な授業を行っていくために、教師は教室の状況を瞬時に捉え、生徒の思考に対して敏感に対応する必要がある。子どもが相手という予測不能で複雑な状況の中で、実践的に問題解決へと導いていく過程において、教師は専門的に成長していくもので..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。