佛教大学 S0615「家庭科概論」リポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数1,438
ダウンロード数35
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学 S0615「家庭科概論」、2012年度提出の合格済みリポートです。
    あくまで参考にしていただければと思います。

    第1設題 「自分自身の生活のなかで改善の必要を感じる課題を1(または2)点取り上げ、どのように改善すればよいかについて、テキスト(文献)から学習したことを記述しなさい。また、改善を実行・実践した上で考えたことを述べなさい。」

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    自分自身の生活のなかで改善の必要を感じる課題を1(または2)点取り上げ、どのように改善すればよいかについて、テキスト(文献)から学習したことを記述しなさい。また、改善を実行・実践した上で考えたことを述べなさい。
    課題:食生活の改善
    学びを得たテキストの箇所(ページ) 1~108ページ
    小学校「家庭科」の目標は、「衣食住などに関する実践的・体験的な活動を通して、日常生活に必要な基礎的・基本的な知識及び技能を身に付けるとともに、家庭生活を大切にする心情をはぐくみ、家族の一員として生活をよりよくしようとする実践的な態度を育てる。」とされている。
    しかし、子どもたちを取り巻く環境に目を向ければ、それを実現するうえで決して子どもたちにとって好ましい環境であるとは言えない。社会には物が溢れ、物質的に豊かになった一方、両親の共働きや母子・父子家庭の増加、塾等の習い事などにより、家庭内で十分なコミュニケーションがとれていなかったり、家庭の問題(親の生活習慣や朝食の準備がない等)によって子どもの生活環境が悪化していることも少なくない。結果として、家族の一人ひとりがばらばらに食事をとる「孤食」の増加や、3..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。