☆佛教大学 Z1802 介護等体験研究 レポート A判定☆

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数520
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    スクリーング後に提出するレポートです。
    A判定合格済みです。ぜひご参考までに。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    なぜ介護等体験が小学校・中学校の普通免許状の取得のために必要なのかを論述しなさい。
    まず、介護等体験とは、平成10年4月1日より『小学校及び中学校の教諭の普通免許状授与に係る教育職員免許法の特例等に関する法律』が施行され、義務教育の一層の充実を期する観点から、小学校および中学校の教諭の普通免許状を取得するために、7日間の介護等体験をすることが義務付けられた。
    介護等体験の目的は、小・中学校教諭の普通免許状取得希望者が、障害者、高齢者に対する介護や介助等の交流体験を行うことにより、個人の尊厳、社会の連帯理念に関する認識を深め、教員としての資質を高めることにあります。教育過程審議会は、平成10年に「幼稚園、小学校、中学校、高等学校、盲学校、聾学校及び養護学校の教育課程の基準の改善について」答申し、完全学校週5日制に向けて、授業時数の削減、教育内容の厳選、学校の裁量権の拡大、総合的学習の時間を設けること、などを提言して、学校教育の生命力を取り戻そうとしており、このような状況の中で、教員の資質向上も切迫した問題となっている。
    平成9年の教育職員養成審議会第一次答申では、得意分野をもつ個性豊かな..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。