☆佛教大学 S0534 教育相談の研究 レポート A判定 合格済☆

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数271
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    A判定のレポートです。ぜひご参考までに。 テストでは80点合格しました。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学校カウンセリングの意義、方法および今後の課題について述べなさい。
    最近は、ストレス社会で悩み、苦しんでいる大人がいるように、子どもたちもストレス社会で悩み、苦しんでおり、いじめ、不登校、非行、学力低下等、多くの問題を抱えている。これらの問題に対して、教育的かかわりだけではなく、カウンセリング的かかわりの重要性がさけばれ、子どもたちの心のありようの理解を深め、生徒理解や援助の方法が必要になり、これらの問題を少しでも軽減させることとして学校カウンセリングがある。
    学校カウンセリングでは、教員は多くの児童生徒を指導する立場なので、個々の生徒の悩みに耳を傾けにくい。それだけに教育を専門とする組織の中に、専任のカウンセラーが必要だと考えられ、平成七年から当時の文部省が、学校でのカウンセリング機能を強化するために、専任の臨床心理士(SC)を配置した。SCは、それぞれの立場、専門性を充分に尊重した上で、子どもの心の成長にお互いが協力・連携してとりくんでいく。
    SCがカウンセリングを行っている場合もあり、教師が行っている場合もある。相談しにくい場合は、自治体のカウンセラー、病院のカウンセラーに相談す..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。