保健体育リポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数202
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    敏捷性遊び体育

    代表キーワード

    保健体育

    資料紹介

    子どもが、敏捷性を身につけるために、遊びながらできるトレーニング方法を四季に分けた計画。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     幼児期から小学校低学年の間は、感覚の発達や神経・筋コントロール能力の発達が著しいと言われている。神経系統は5歳から8歳頃までに約80%成長し、12歳でほぼ100%成長する。
    この時期に、反応の速さ(敏捷性)・身のこなしの器用さ(巧緻性)・バランス感覚(平衡性)・体のやわらかさ(柔軟性)など、運動スキルの発達を促す為、多種多様な動きを経験させることが大切である。
    また、これらの能力を上手く伸ばせるように、子どもが好む、鬼ごっこやボール・縄など道具を使った遊びを取り入れ、運動を行うとより良い。
     体育遊びを行う中で、運動スキルを発達させるだけではなく、人との接し方や付き合い方を理解できるようになったり、ルールや決まり事を守る態度を学べるなど、社会性も身に付けることができる。
     敏捷性のもつ大切なポイントは、敏捷性を身に付けておくことで、身に起こる危険を反射的に回避することができるということだ。敏捷性は、日常生活の運動で身に付けることができるので、特別なトレーニングをする必要はない。
     次に、子どもたちが、敏捷性を身に付ける為の遊びながら出来るトレーニングを四季に分けた計画だ。
     春は、イ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。