在宅看護のポイント

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,355
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ◎退院時共同指導とは
    ◎高齢者の住宅について望まれること
    ◎初回訪問時、訪問看護記録に記載すること
    ◎医療保険と介護保険による訪問看護の違い

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    在宅老年看護学ポイントノート
    退院時共同指導
    ◎退院時共同指導とは
    ・時間は1~2時間程度
    主治医 担当看護師    かかりつけ医 訪問看護師     家族介護者
                                  が参加して行われる
    ・病状と疾患コントロールの説明と要点
    ①在宅医療上の要点
    ②疼痛コントロール
    ③医療機器管理  など…
    ◎高齢者の住宅について望まれること
    ①転倒転落の防止…段差の解消、手すりの設置、ノンステップの取り付け
             特に夜間、トイレに行く場合などに転倒が多いので、寝室や階段に足元や手元の
             照明を設置 操作しやすいスイッチを取り付ける。
    ②非常時に対処しやすい空間
    1.避難経路の設定・・・玄関や庭に出やすい場所を在宅医療者の寝室や居室にする
                事前に二方向避難の経路を決めておく。
                非常時どこにいても二方向に避難できるように配慮しておく
                不要な家具類は整理・処分して移動しやすい空間にしておく
    2.危険防止対策・・・たんすや家具類は転倒防止用具を取り付ける..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。