教育心理学第一設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数168
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教育心理学レポート
    第1設題:象徴機能の発生について説明せよ(説明には子どもの行動について具体的研究例も提示する)。また、教育との関連で大切な点を説明しなさい。
     象徴機能とは「あるもの(指示されたもの)」をそれと異なる「別のもの」で表したり、指示したり、ものをかたどり、それをうまく表現する機能のことである。
    この場合「あるもの」を指示対象といい、「別のもの」を象徴と言っている。本来、二つのものはまったく異なるものではあるが、精神作用によって二つのものは深く結び付いている。つまり象徴機能とは思考やイメージを介して象徴と指示物との関係を間接的に表す動きである。
    例えば、ごっこ遊び(まねっこ遊び)では、指示された内容を頭の中でイメージし、それを表現する。
    象徴には次の特徴を持っている。
    意味するもの(例:積み木等を使って、口で発する音声『ガタンゴトン』)と意味されるもの(電車)の間には何ら関係ない。
    意味し、意味されるものの関係は本人が作り出したものである。
    意味されるものが目の前になくても、意味するものをつかって、意味されるものを自由に操作できるようになる。
     では、その象徴機能は私たち..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。