教育社会学第一設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数125
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教育社会学レポート
    設題1:学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するのかについて学力の視点で述べよ。
     学歴社会とは、「社会における社会的・職業的地位などの分配の基準として学歴が重きを占める社会」を意味する言葉であると考えられている。
    わかりやすく例えるならば、「○○大学を出たAさんは社会的に見て偉い。就職の際には大学の名前だけを見て、人物像を無視して決めてしまう」社会のことである。以前の日本にもそんな傾向があった。現在では減る方向に傾いてきているが、まだまだなくなっていないのは現状である。現在、一流大学を卒業し、一流企業に勤めていても、リストラや倒産により職を失う、といった事態も頻繁に起こっている。
    学歴は分配の基準として考えられるものであり、理論的には「低学歴社会だが学歴社会」という社会もあれば「高学歴社会だが非学歴社会」という社会もありうる。つまり、学歴社会≠高学歴社会なのである。
     なぜ、学歴社会を生まれたのであろうか。歴史をさかのぼってみると、学歴社会は明治時代が始まり、政府は各分野における優秀な人材(スペシャリスト)を必要とするようになった..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。