学校教育過程論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数268
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学校教育過程論レポート
    第一設題:教育過程とは何かについて、その基準と編成原理、今日的課題についてまとめなさい。
    教育過程とは教育目標の達成のために意図的に教育内容を組織・配列したものである。わかりやすく言うならば、教育内容の広範かつ一般的な計画という側面を持ち、よく用語として使われる「カリキュラム」と同意語として捉えられることもあるが、カリキュラムよりも包括的な概念で用いられることもある。教育過程は、一般的に学校教育をはじめ、幼児、児童、生徒、学生の学習者によって教育要領や学習指導要領を基にして学ばれることの体系である。学校教育における教育過程は、学校教育過程と呼ばれることもある。また、教育過程には特定の職業分野において必要な素質を育てていくための課程として定められたもので「職業教育過程」と呼ばれることもある。
    教育課程の編成原理は、国民共通の基礎的教養の探求と創造を目指し、「人格」と「能力」の統計的発達、個人的人間の育成を促す教育課程編成の四つの基本的方針が『小学校学習指導要領解説「第1章総則」』あげられている。
    法令及び学習指導要領の示すところに従うこと
    児童・生徒の人間として調..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。