社会福祉2

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数228
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    社会福祉

    代表キーワード

    社会福祉

    資料紹介

    合格レポートです。
    参考文献↓
    ① 新・社会福祉とは何か。 大久保秀子 一橋出版社 株式会社 2007年5月15日
    ② 保育・教育ネオシリーズ[7]社会福祉 阿部實 株式会社 同文書院 2004年4月15日
    ③ 保育ライブラリ 保育・福祉を考える 社会福祉 片山義弘 李明徳 ㈱北大路書房 2004年8月20日
    ④ 改訂・保育士養成講座2005第一巻社会福祉 改訂・保育士養成講座編纂委員会 社会福祉法人 全国社会福祉協議会 2005年2月7日

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     社会福祉法は、社会福祉の推進を目的とする法律であり、社会福祉を目的とする事業や活動における共通項目を定め、日本政府及び地方公共団体の義務などを定めた法律である。社会福祉に関わる事業である「社会福祉事業」を、第2条により、第一種社会福祉事業と第二種福祉事業とに分類している。本レポートではそれぞれの事業について詳しく述べたいと思う。
     第一種社会福祉事業は、主に入所施設を経営する事業である。利用者の生活拠点としての施設サービス業は、重要な生活保障を担うものであるため、高い公共性と安定した事業経営が必要である。また、利用者への人権侵害や労働の搾取などを防止するためにも強い公的な規制と監督が必要な施設・事業とされている。このため、第一種福祉事業を行う施設・事業の設置や運営は認可制になっているだけでなく、社会福祉法の第60条の規定によってその経営主体は国と地方公共団体または社会福祉法人であることを原則としている。
     第一種福祉事業には、生活保護法に規定する救護施設、更生施設、授産施設、宿所提供施設。児童法に規定する乳児院、母子生活支援施設、児童養護施設、知的障害児施設、知的障害児通園施設、盲ろ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。