教育原理 教育とは

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数398
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    教育原理教育保育

    代表キーワード

    教育原理保育

    資料紹介

    合格レポートです。
    参考文献↓
    ①新・保育士養成講座第9巻 教育原理 新・保育士養成講座 編纂委員会 社会福祉法人全国社会福祉協議会 2003年5月15日
    ②やさしい教育原理[新版] 田嶋一 中野新之祐 福田須美子 狩野浩二 株式会社 有斐閣 2007年12月25日

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     日本で「教育」という言葉が使われ始めたのは明治以降である。「教」という字は「先生から弟子に知識・経験・技術を受け渡して知らせる」、「育」と言う字は「子どもが生まれ出る」「転じて、そだつ」という意味が込められているとされている。文字通り「教育」は教え育てる、知恵を授ける、体を育てるという意味であるが、「立派な人間を育てる」という価値的方向性も含まれている。また、教育という文字は中国の儒者孟子が「天下の英才を得て之を教育するは、三の楽なり」と出てきたのが最初であると言われ、孟子は教えることを楽しみの一つと言ったとされているが、対象となっているのは「天下の英才」であり普通の子どもではない。「教育」は英語でeducationであるが、educateは「知的、道徳的、社会的なはたらきかけを行う」という意味があり、ラテン語のeducare(外へという意味を持つ接続語と、引くという意味を持つ動詞との合成語)からきている。その為、英語でいう「教育」は子どもの能力を引き出すという意味からきていて、その為の様々な取り組みが教育活動であるとされている。この「能力を引き出す」という解釈は、「上から施されたこ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。