国語科指導案 ごんぎつね

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,459
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学習指導の展開(第8時の取り扱い)
    本時の目標
    1 兵十のごんに対する心情の変化を理解させる。
    2 ごんと兵十の心の通い合いを読み取らせる。
    3 言葉の裏に隠された心の驚きや悲しみを読み取らせる。
    学習活動の展開
     
    導入
    展開 過程 前時の学習を振り返り、本
    時の目標を確認する。
    第6場面を読む。
    引き合わないなと思ったごんがなぜ、「その明くる日も」兵十のうちに栗を持っていったのかを考える。
    ごんを銃で撃つまでの兵十の気持ちを読み取る。
    「ようし」のあとに続く言葉を考える。 学習活動 ・第4、5場面での栗を持ってきているのは
    神様であると思っている兵十の気持ちと引き合わないなと思っているごん..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。